看護師とは

皆さんは看護師という言葉を聞いたことがあるでしょうか。皆さんは恐らく看護婦ならよく知っているかと思います。以前は法的には女性は看護婦、男性なら看護士といった言葉の区別が為されていましたが、現在は男女ともに法的には看護師という名称で統一されています。ということで最近は以前に比べて看護師という名前が大分世間に認知されてくるようになったのではないでしょうか。
ところでこの看護師とはどんな仕事をしているでしょうか。世界各国にはそれぞれ看護師協会(NNAs:National Nurse's Association)があって、それらが集まって結成された国際看護師協会(ICN:International Council of Nurses)という組織があるのですが、そこで定められた「ICN看護師の倫理綱領」の中では、看護師には四つの基本的責任があるとし、それぞれ「健康を増進」、「疾病を予防」「健康を回復」「苦痛を緩和」することであると定められています。看護師の仕事内容については、医療に詳しくない私達でも大体の想像はつくかとおもいます。以上に挙げた看護師の倫理綱領は看護師の仕事の内容を端的によく表していると言えると思います。
以上に挙げたのは世界における看護師の普遍的な存在価値、職業倫理を挙げたものだと言えますが、では日本においては看護師に関して何か決められた法規、ルールと言ったものがあるのでしょうか。日本にはおいては保健師助産師看護師法(略称「保助看法」)と呼ばれる法律があって、その中の第5条で看護師を法的に次のように定めています。
「厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじよく婦(褥婦(じょくふ)/出産後の女性)に対する療養上の世話、又は診療の補助を行うことを業とする者」
随分難しい言葉が並んでいるように思えますが、要するに日本において看護師は国家資格であって、その資格を得た者だけが看護師の仕事に従事することができるのです。そしてその仕事の内容は傷病者や褥婦に対する世話や看病であるということです。勿論医師がこういった患者を対象に医療行為を行う際に、医師の指示に従ってその補助作業を行うことをも含んでいます。
また日本には看護師と並んで准看護師(じゅんかんごし)の免許があります。この看護師と准看護師、一見あまり違いがないように思えますが、法・制度的にみた看護師と准看護師には違いがあります。先に紹介したように看護師が厚生労働大臣の免許を受ける、即ち国家資格であるのに対して、准看護師は知事免許であり国家免許ではないということです。また先に紹介した保助看法にも准看護師に関する規定があり、その第6条で准看護師について「看護業務を医師、歯科医師または看護師の指示を受けて行なう」となっています。両者の違いを敢えて簡単に言うなら、准看護師は医師以外にも看護師の指示に従って作業を行う、といったところでしょうが、准看護師のそれ以外の職務内容等については特に看護師との違いや規制は設けられていません。そのため実際のところ准看護師が看護師とほぼ同様に看護業務を行っていながら、給与等に看護師との違いが生じているとも言われています。
また同じく保助看法の第31条において、医師、歯科医師、看護師・准看護師以外の者が看護を行うことが禁止されています。これを「業務独占」と呼びます。このように資格を持たない物が病院や診療所等の医療の現場において、看護師の仕事を行うことは禁じられています。また保助看法第42条の3では「看護師」や紛らわしい名称を用いることが禁止されています。また同じ第42条の2では「正当な理由がなく、その業務上知り得た人の秘密を漏らしてはならない。」と看護師に対する守秘義務が課せられています。従って看護師の仕事に関しては、その資格を含め、業務の内容や守秘義務といったところまで

法律で細かく規定されていることが伺えます。

Favorite

青の洞窟
http://www.voiceplus.jp/
オーガニックコスメ
http://www.neroli-hana.com/
コスプレ制服販売
http://www.j-costume.jp/
東京の浮気調査ならここがオススメ
http://www.ivservice-tokyo.com/
水商売の方のための賃貸お部屋探し
http://heyasodan.com/