医師、看護師について



医師や看護師は、多くの人が日常的に頼る場所であり、不可欠の職業かつ重要な職業です。
<医師とは>
医師とは、医学を基礎に疾病の診察、治療、投薬を行なうとともに、疾病の予防を促進させる職業についている人を指します。一口に医師といっても、2種類の医師に大別することが出来ます。(1)臨床医:臨床医とは、患者さんと対面して、診療、治療、投薬を行なったり、相談や検査、リハビリテーションを行なったりする医師のことです。一般的に「お医者さん」「医者」というと、この臨床医をさしています。(2)研究医:あまり日常的に目にする医師ではありません。病院の原因を突き止めるための病理解剖を行なったり、生理や薬理の研究を行なったりする医師で、主に医学の発展に力を注いでいる医師のことをさしています。臨床医が、臨床研修の努力義務があるのに対し、研究医は、必ずしも臨床研修を必要とはしません。これらの日本の医師の特徴としては、医師免許があれば、歯科以外のすべての医療を行なうことができるという点です。イギリスやドイツをはじめとしたヨーロッパ諸国やアメリカでは、科目ごとに免許が必要となっています。そのため、内科医は外科を診ることは出来ませんし、外科医が小児科を診ることも出来ません。またイギリスやドイツ、オランダなどのヨーロッパ諸国の医師免許では、病院に勤務したりする医師のほかに、「家庭医」「ホームドクター」という医師が専門的にいます。この家庭医(ホームドクター)は、病院に勤務したり開業したりしている一般的な医師とは資格が異なり、家庭医は勤務医になることはできませんし、勤務医が家庭医になることもできません。また他の日本の医師の特徴としては、日本の医師のレベルは全体的に高く、世界でもトップレベルにあるということです。アメリカや中国では、平均的な医師のレベルは低いものの、突出して秀でている医師が数人いるというタイプの医師の階層になっています。日本の医師は平均レベルが高いものの、突出した医師はいないという医師の階層です。



<看護師とは>

看護師とは、医療や保健福祉の現場で、主に看護を行なう医療従事者のことです。次の3点が主な業務内容です。(1)医師が患者を診療する際の補助(2)病気や障害を持つ方々の日常生活の援助(3)一般の方々に対し、疾病予防や健康維持増進のための教育を行なう。以前は看護師というと女性のみの職業でしたが、近年の男女雇用機会均等の強調によって、男性看護師も増加してきました。そのため、以前は女性看護師を「看護婦」、男性看護師を「看護士」と呼んで区別していましたが、2001年保健師助産師看護師法の改正により、2002年3月からは「看護師」に統一されました。一口に看護師といっても様々な看護師がいます。(1)いわゆる一般的な「看護師」である、正看護師。国家資格である看護師国家資格に合格後、厚生労働大臣から資格取得を受け取ります。(2)准看護師と呼ばれる看護師。業務内容は正看護師と同じですが、看護を学んだ教育機関や受験できる国家資格の条件などによって、准看護師と正看護師に分けられます。准看護師も、その後の研修や学校への編入などで、正看護師になることが出来ます。准看護師は、国家資格である准看護師国家試験に合格後、都道府県知事より免許の交付を受けます。(3)ある特定の疾病に関して、その看護技術や知識が熟練している看護師を専門看護師と呼びます。専門看護師になるには、日本看護協会専門看護師認定試験に合格しなければなりません。(4)所定の教育課程を修了し、特定分野の看護において、修得した技術や知識を用いて看護ケアを実践する看護師として、認定看護師があります。これも協会認定資格で、日本看護協会から試験を受け認定を受けたものだけが認定看護師を名乗れます。

check

神戸 ホテル 予約 
http://www.vhotel.jp/
こだわりの表札
http://www.shippou-hyousatsu.com/
伊達マスク
http://picomask.com/
ノベルティ
http://www.mono-labo.com/
犬服のお店
http://3dogs-kk.com/